なでしこ防災ネット会員規約

 

(名 称)

第1条本会はなでしこ防災ネットと称する

 

(構 成)

第2条本会は日本防災士会会則第11条に基づく同会の地方支部であり、本会の目的に賛同する女性の防災士有志によって構成する。

本会の会員は、

(1) 正会員    日本防災士会会員

(2) 準会員    日本防災士会機構による資格取得者

(3) 賛助会員   本会の趣旨に賛同する者

により構成する。

(目 的)

第3条本会は「自助」「共助」の原則のもと、会員のネットワークを構成し、防災士としての活動と技術研鑚を支援することを目的とする。

1、各種市民団体と密接な連携を図ると共に、他のボランティアグループ及び個人のボランティアが、お互いの主体性を尊重しながら、それぞれの立場を越えて、相互の交流や情報の共有により、日ごろから顔の見える関係を作り出すためのネットワーク化を図る。

2、女性の視点での防災対策「日ごろの備えと家族・地域の絆」

日常の家庭を守る女性の防災力の向上から災害に強い社会作りを目指す。

(事 業)

本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行なう。

(ア)防災士としての活動と防災。減災技能の研鑚に資する事業。

(イ)会員相互の交流に資する事業。

(ウ)講演会および体験講習等の開催に関する事業。

(エ)秦野市の防災に関する施策に積極的に協力する事業。

(オ)その他、本会の目的を達成するために必要な事業。

(事務局)

本会の事務局を秦野市内におく。

(役 員)

1、本会に次の役員をおき、もって幹事会を構成する。

   代 表       1名

   副代表       若干名

   事務局長       1名

   幹 事       若干名

   会 計        1名 ( 他の役員と兼務することができる)

   監 事       若干名  

2、 本会に顧問、参与などをおくことができる。

3、 役員の任期は2年とし、再任をさまたげない。

(会 議)

1、本会に次の会議をおく。

総 会

幹事会

2、総会は毎年1回以上開催し、会則の改正、役員の選任、予算、事業計画の決定、決算の承認を行なう。

3、総会の成立は、会員の2分の1以上の出席(委任状によるものを含める)を要するものとする。

4、総会の議決は、出席した会員(委任状によるものを含める)の過半数の賛成によるものとする。

5、幹事会は総会の決定に基づき、会務の執行にあたる。

6、幹事会は随時開催する。

(会 計)

本会の経費は、会費、寄付金などをもってこれにあてる。

  1、会費の年額は、一口1,000円として会員は会員の区別なく1口以上納めるものとする。

  2、年度の途中加入も1年分とする。

3、中途退会者の場合でも会費の返還はしない。

4、本会の会計年度は、毎年4月1日から始まり、翌年3月31日に終わるものとする。

(会則の改正)

第9条  本会則は、幹事会の議決を経て、かつ、総会の承認により改正することができる。 

(施 行)

この会則は、平成 18年 6月 1日より施行する。

はだの災害ボラ・ネットワーク
はだの災害ボラ・ネットワーク
秦野市市民活動サポートセンター
秦野市市民活動サポートセンター
日本の名水-秦野
日本の名水-秦野